プログラミングなしでできる!ゲーム作成ツール3選

皆さんは少しでも「ゲームを作ってみたい」と思ったことはないですか?ただ、作りたいと思っても「プログラミングができないと無理かな」と考えますよね。

確かに本格的な3Dゲームを作ることはプログラミングなしではかなり厳しいと思います。
ただ現在はプログラミングスキルがなくても、ゲームを作れるツールがたくさんあります。

今回はプログラミングなしでゲームを作れるツールを紹介していきます。

1.GDevelop
GDevelopはパズル、戦略ゲーム、プラットフォーマー、8ビットゲームなどの簡単なゲームを作ることができます。
仕組みとしてはツールをダウンロードしてツールの中でオブジェクトを配置していく流れです。

公式サイトを見ていただければわかるように様々なゲームを作れます。
上から見下ろし型のシューティングゲームや箱庭ゲームなど意外に結構なジャンルのゲームがあります。

2、WOLF RPGエディター
このツールはPCゲームのRPGを作るツールです。このツールの特徴は公式サイトから3つ抜粋しています。

・基本的なシステムは初めから準備されている
本来はバトル画面やメニュー、買い物システムをイベントコマンドを使って作らないといけないのです。しかし、開発を始めたばかりだとなかなか難しいですよね。
ただ、「WOLF RPGエディター」にはゲームの基礎的な部分のシステムが用意されています。

・ゲームを充実させてくれるイベント集
ゲームシステムにこのイベント集を入れることでゲームの深みが増しておもしろくなり、オリジナリティが出ますね。

・豊富なキャラクター素材
ツール内にテンプレートのキャラクターはもちろん、さらにグラフィック合成器を使えば、ほかのゲームとキャラクターがかぶることはなくなります。

PCゲームを作ることにかなり適しているツールだと思います。

3、LiveMaker
こちらはかなり凝ったノベルゲームを作るためのツールです。ノベルゲームに必要なキャラクターの立ち絵や表情、背景といった素材がかなり多いです。ノベルゲームによくあるシナリオ分岐も簡単に視覚的に見やすく作れるのでノベルゲームを作りたい方におすすめのツールです。

まとめ
自作ゲームを作るならプログラミングが必須で、プログラミングなしで作るゲームはそこまでクオリティが高くない。
そんなイメージでしたが、インターネットで配布されているツールは驚くほど高性能で制作しやすいものが多いですね。

とりあえず無料のツールでゲーム制作をしてみてプログラミングありで本格的なゲームを作ってみるのもいいかもしれません。

コメントする

CAPTCHA